NO-VAの提携会社がヤバイ件 その3 ハッピールーク

令和元年(2019年)10月9日作成

何だかんだでこのシリーズものも三本目となりました。

おさらいとベラジョン

 NO-VA及びFLMというASPだけでなく、その提携会社たるカジノサイト運営会社も怪しいと述べてきました。

度重なるお礼・NO-VAの提携会社がやばい件(ちょっとした番外編) その1 クイーンカジノ – 悪徳オンラインギャンブルビジネス・ERAとDivineを撲滅する為に糾弾し、啓発も行います (antinovaeradivine.com)

NO-VAの提携会社がやばい件(ちょっとした番外編) その2 クイーンスポーツ – 悪徳オンラインギャンブルビジネス・ERAとDivineを撲滅する為に糾弾し、啓発も行います (antinovaeradivine.com)

今回は最近ツイッターでパトロールをしていて発見した事をネタにしたいと思います。

その会社はまた問題のあるカジノサイトを作っていたんですよ。

まずは今までの記事のおさらいをしましょう。

 NO-VAは元々AEアフィリエイトを前身とし、ベラジョンが商材となっていた事は前にも述べた通りです。

詳しくはこの記事で。

NO-VA・ERA・Divineの歴史 FLMとの出会い – 悪徳オンラインギャンブルビジネス・ERAとDivineを撲滅する為に糾弾し、啓発も行います (antinovaeradivine.com)

前者の成立は2013年4月ごろ、後者の成立は2011年です。

以下のサイトからの抜粋です。

ベラジョンカジノ (xn--eckle6c4f0gtcc.net)

f:id:yutaherrmizuno:20191008094043p:plain

ベラジョンはよくオンラインカジノ業界の老舗と言われています。故に私はその業界の黎明期(1994年)とは言わないまでも2000年辺りから存在していたものと思っていました。

という事は、ベラジョンがAEアフィリエイトと提携を結んだ当初は設立してから間もないサイトであり、今の様にまだ多くの信頼は勝ち得ていなかったと言えます。日本市場の開拓の為に何かを必要としていた時にちょうどAEアフィリエイトがベラジョンにとって渡りに舟となったと考えられます。

こんな感じのデザインです。

f:id:yutaherrmizuno:20191008100613p:plain

赤紫の球にVera&Johnと書かれているのがトレードマークですね。

知的財産権の侵害

そんな大手ネットカジノのベラジョンが被害者となっているのです。

とあるツイートを見た時、自分の記事やその内容もこんな風にして広まるくらいになったものかと正直に言うと感慨深いです。

それから、その人に関して過去のツイートを辿ったところ、Happy Luke というオンラインカジノがある事を私は最近知りました。

問題のカジノサイトはこんな感じのデザインです。

f:id:yutaherrmizuno:20191008192225p:plain

何と!先のベラジョンとデザインが同じではありませんか!これは意匠権という知的財産権の侵害ではありませんか。

どこの会社が作ったのか見てみましょう。

f:id:yutaherrmizuno:20191008235418p:plain

Class Innovation B.V.とあります。この会社が NO-VAに負けず劣らずタチが悪くてずさんなのは以前の記事でも述べた通りです。

FLM時代の商材・247betとBetnowを分析しました – 悪徳オンラインギャンブルビジネス・ERAとDivineを撲滅する為に糾弾し、啓発も行います (antinovaeradivine.com)

日本語対応させないのを良いことに裏でこんな悪どいマネをしてるとは呆れてしまいます笑

毎度お馴染みのキュラソー島のライセンスです。

f:id:yutaherrmizuno:20191009010455p:plain

言語対応

f:id:yutaherrmizuno:20191008235754p:plain

その公式サイトに一先ずアクセスしようとするとこんな感じでユーザー自身の言語の選択をさせようとします。

タイ語とベトナム語の選択肢だけがありますね。

で、しかも部分的に英語があるにも拘らず、英語という選択肢がこのページには無いです。

これまた良い加減過ぎるサイトです笑

仕方なくベトナム語でやってみました。

f:id:yutaherrmizuno:20191009000546p:plain

これまた英語も出てます笑

言語の選び直しが出来ないかこの画面をスクロールしました。

f:id:yutaherrmizuno:20191009000814p:plain

この画面にスクロールして、ベトナムの国旗🇻🇳の所をタップしました。

f:id:yutaherrmizuno:20191009000905p:plain

これはタイ語の画面ですが、こんな感じで言語の選択も出来ます。

ここまでしないと万国共通の英語版の表示が出来ない地点で、タイ語やベトナム語の話者の情報弱者を相手にしているか英語にされるとかなりマズイやましさがある印ですよね笑

ベラジョンとの比較

ちなみにベラジョンの言語選択画面はこんな感じです。

f:id:yutaherrmizuno:20191009001319p:plain

ちゃんと色々な言語にも対応していますが、ハッピールークがいかにコピーサイトであるかをも物語ってます。

さすがコピぺで稼ぐビジネスの提携先です笑

しかも言語を変えたところで以下の様に出ます。

f:id:yutaherrmizuno:20191009001841p:plain
f:id:yutaherrmizuno:20191009001921p:plain

言語を変えてもなお、1つの言語で表記されてません。

 NO-VA並みのお粗末さがの表れでもあります笑

各ページへ移るためのインデックスも比較しましょうか。

まずはベラジョンから。

f:id:yutaherrmizuno:20191009005318p:plain
f:id:yutaherrmizuno:20191009005403p:plain

今度はハッピールークです。

f:id:yutaherrmizuno:20191009005521p:plain

これまたコピー笑

でも、1つだけベラジョンに無いものがありました。それはスポーツブックですね。みんなが良く思い浮かべるブックメーカーの事ですね。

f:id:yutaherrmizuno:20191009005748p:plain

ベラジョンには無い、スポーツブックのプロモーション画像があります。

f:id:yutaherrmizuno:20191009005810p:plain

他のブックメーカーと同じように賭けられるんですね。

総じて言えば、ブックメーカーを除きハッピールークというオンラインカジノはベラジョンという大手のパチモンで、かなり怪しいです。

案内サイトまで

日本語のカジノ案内サイトにもこんなページがありました。

2021/2022 年の日本のトップ10オンラインカジノサイト| CasinoRank® (onlinecasinorank.jp)

以下のスクショはその抜粋です。

f:id:yutaherrmizuno:20191009010225p:plain
f:id:yutaherrmizuno:20191009010347p:plain
f:id:yutaherrmizuno:20191009094748p:plain
f:id:yutaherrmizuno:20191009094812p:plain

これまた既視感ありますね笑

ちなみにこのサイトでは、ベラジョンも紹介されていましたが意匠権という知的財産権の一種の侵害を自らばらしているに等しいです(笑)

このカジノ案内サイトは以下の業者?が作ってます。

f:id:yutaherrmizuno:20191009010820p:plain

WDネットワークという所ですね。このホームページもアクセスしましたが、 NO-VAやその関連会社と同じくらいにお粗末でしたね笑

一応、そのホームページも載せます。

WD Network – Your Global Partner in Lead Generation

以上でこの記事を終えたいと思います。

何かありましたら、相談フォームにまでお願いします。

情報提供・協力要請(依頼)フォーム (formzu.net)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA