被害者を救います36 Mr.Kさんの動画を視聴しましょう17 お小遣い案件のマルチ商法も非推奨

令和4年(2022年)1月24日着手

コロナ禍やそれ以前から続く不況の影響で、副業を考えている人が増加中です。

そうした状況を利用してERA・Divineをはじめとして様々なビジネスの業者が勧誘をしていますし数多くの案件も出回っています。

その中には、お小遣い案件と呼ばれるものも登場しています。今回はその件についてMr.Kさんの動画を用いて述べていきます。

この方は最初にこの記事で取り上げました。

NO-VAの行政処分を風化させません1 Mr.Kさんの動画を視聴しましょう1 – 悪徳オンラインギャンブルビジネス・ERAとDivineを撲滅する為に糾弾し、啓発も行います (antinovaeradivine.com)

マルチ商法+お小遣い案件をやらない理由4選

マルチ商法とお小遣い案件の融合については、前の動画にも言及しています。私も当ブログで取り上げました。

被害者を救います34 Mr.Kさんの動画を視聴しましょう14 令和4年(2022年)のマルチ商法の傾向予測 – 悪徳オンラインギャンブルビジネス・ERAとDivineを撲滅する為に糾弾し、啓発も行います (antinovaeradivine.com)

お小遣い案件と言えば、対面でなくとも各種ポイントサイトでもできます。自分のそのアカウントの広告に自分でアクセスして、そのサービスを利用するという方法です。これも一種のアフィリエイトがで、自己アフィリエイトともセルフバックとも呼ばれます。以下がその例です。

ちょっとしたお小遣い稼ぎにクレジットカードの発行・証券口座の開設等のサービスを利用していたのが懐かしいです。いわゆるセルフバックをやっていました。ですが、今となってはもうやり辛くなったのが現状です。何故なら、一度そのサービスを利用してしまうと、もう2度とその手段でお小遣い稼ぎが出来なくなる為です。

例えば、SBI証券の口座をA8ネットで開けば5000円というプログラムに申請して、5000円を得たとします。それを行った後にその口座を閉鎖、時を置いてまた再開設をしてもその5000円は2度と得られません。

これは何も証券口座に限らずFX等にも当てはまります。それから、私はクレジットカードの発行→退会処理を過去に繰り返した事があります。私の周囲の人の中にはそれを良く思わず、止めるように勧める人もいました。Mr.Kさんでしたら、「そうしないと広告を出している企業様に失礼。そうして稼いで自分以外に誰が得をする?」という疑問が出てきます。

実際、短期間にお金目当てでクレカを発行しまくると、審査が通り辛くなります。信用機関やカード会社からは「お金が無い」若しくは「金目当ての発行を狙っているだけ」と見られかねません。よって、その手の案件は無尽蔵にある訳では無く、いずれ稼げなくなる時が来ます。更に本当にお金が必要或いはクレカが欲しいとなった時に発行できないという事態に陥りかねません。

そうした実情もあって、私はセルフバックをここ最近ではやっていないです。やるかどうかは本人の勝手であり自己責任となりますが、本当に自分で利用しそうだと思うモノを選んだ上で、セルフバックをやった方が良いと私は思います。

こうした自己アフィリ以外にも、自分で広告を出して他の人がアクセスしてそのサービスを利用してもらった結果、広告主に収益が入るというサービスもあります。これがアフィリエイトの王道です。しかし、この方法も決して簡単な事ではなく他の方の興味関心を惹き付けなければ、自分の利益にはなりません。そこでそうした人達へのある種の救済?も含めて誕生したのが、新種のお小遣い案件です。

私もそうした案件の説明を聞いた事があります。それは一人の男性が主催しているもので、その人はA8ネットの広告を用いたブログを運営していました。そのブログに載っている脱毛等のモニター募集のバナーをその人の指示でクリック(タップ)して予約して、その店舗に行って参加します。その際には、そのお小遣い案件の主催者の人に店舗の写真・予定等を送ります。それは広告経由で参加者が本当にお店に行った事を確認する為です。そのお店での用事を済ませた後は、A8ネット側の審査があり、それに通ったかどうかによって報酬が決まります。審査が通れば、5000円位が手に入ります、落ちたとしても交通費と時間を顧客に使わせたという事で、数千円が報酬となります。

こうしたお小遣い案件は、確かに休日に短い時間で稼ぐには良いかもしれません。ですが、私は1回話を聴いたきり1度も取り組んでいません。何故なら、先の手順や店舗への来店など一々手間が掛かってしまう為です。当然の事ながら、一度ある店舗のモニター・相談に行ってしまうと二度と報酬にはならないです。それだったら、もっと自分の為に有益な時間が取れると思います。

以上が私の知る限りのお小遣い案件についての概要です。

お小遣い案件+マルチ商法とは?

Mr.Kさんの場合は、そうした案件にマルチ商法が組み合わさった話が度々来るとの事です。何故その様なビジネスは断っているかを上記の動画では話しています。

お小遣い案件には自己アフィリエイト系と名義貸しです。

前者については、私が先に長々と述べてきた通りです。この記事で言及した以外にも色々あります。

後者については、自分の名義でスマホのSIM・ネット上のヤフーショップを契約してそれを誰に貸すという形態です。それをやる事により、月々多くて1万円程度のお小遣いが権利収入の如く入ります。そもそもこれは違法ですし、知らない内に詐欺や違法販売と言った犯罪に巻き込まれかねません。その為、絶対に手を出してはいけません。

規模の大きい所になってくると、多くの人を相手にする関係で問題が起きやすくなり、団体そのものが消えてしまう事もあったそうです。仮想通貨との詐欺等と同じですね。

その様なビジネスモデルにマルチ商法が組み合わさると、前者の案件のお陰で入会金や月々のオートシップ(定期購入)が負担になるという後者の欠点が緩和されることになります。これは勧誘が出来なくともそれなりに自分がお得に稼げる事をウリにできます。自分で紹介すれば、後に権利収入となって更にお得と宣伝できます。

ただ、私としては特商法に規定されている様な勧誘方法で行われているのか疑問になります。何故ならそれをするには事前に業者名を教えねばなりませんし、各種書面も必要で規制が当然掛かる為です。私の予想が正しければ従来型のマルチ商法とは違う事を盾にして、違法行為が行われているはずです。

特商法についてはこちらをご覧下さい。

NO-VAの内情と仕組み 詐欺罪・特定商取引法編 返金方法付き – 悪徳オンラインギャンブルビジネス・ERAとDivineを撲滅する為に糾弾し、啓発も行います (antinovaeradivine.com)

そこでMr.Kさんはお小遣い案件のマルチ商法に取り組まない理由を4つ挙げています。以上の様な懸念からも、私は参入する気は更々無いです。

社会で評価されていない

本当に良い案件なら、有名人が取り上げているはずです。しかし、実際には無名の人があの様なお小遣い系のマルチ商法を扱っているに過ぎないです。その上、1時間で数千円の報酬を目的にアフィリエイトリンクを経由して各種カウンセリング等に取り組む事は、規約違反でもあり店側に失礼となってしまいます。それをする位であれば、何処かでアルバイトをしていた方が賢明で世の為人の為になるとMr.Kさんは話します。

私もグーグルアドセンスでこのブログを運用しています。当然、そのアフィリエイトの規約は遵守せねばならない立場であり、作為的に多くのアクセスや広告クリックをする事は禁止されています。本当に興味のある広告を見かけたのであれば、そのリンクにアクセスして構いません。ですが、意図的にクリックを促す様なマネを私は一切致しません。

「稼ぐ」集客になりがち

お小遣い案件である以上は、自分で取り組んで稼がなければ説得力はありません。そうなると金儲けに走りがちになります。ですが、報酬の本質は感謝・信用でありそうした案件はそれに反する場合が多くなってしまいます。

それでは、お金を正しく運用して利用していく事は出来ず、それに取り組んだ人の中で成功者を見た事が無いと話しています。

私としてはどうしても美容に興味があり、契約に結び付いた場合にのみ、報酬はある程度与えて良いかなとは思いました。何故なら、利用者がある店舗を利用するにあたっては、交通費等が掛かる事も多い為です。例えば、TBCに脱毛モニターに行ってそこから契約に結び付き、電車代が掛かる事をお小遣い案件の主催者が知っているならば、ちょっとした奨励金として渡す事はあっても良いです。

ただ、そうした事例はそうそう出ない為、報酬で儲ける事ありきになってしまうのが現状では無いでしょうか。

また、私も転職支援会社の窓口担当と繋がって、紹介者が転職したら数万円が貰えるという案件に乗っかっていた事がありました。キャッシュバックを謳っての宣伝も可能でした。ですが、今はその本人がその会社とは縁が無くなっています。それに伴い私も転職案内はA8ネットの広告のみとなりました。

なお、そうしたカネで人を釣る宣伝は「日給7万円」等と言って集客するERAやDivineの連中と同類になってしまいます。もし仮に、私が上記の謳い文句で転職支援サービスを宣伝すると、そうした連中と同程度以下の人ばかりが集まってしまい、その担当者に迷惑を掛けかねません。

こうして見ると合理的に儲かれば良いという姿勢が、人に対して失礼になりかねない事の一例をお小遣い系マルチで見た様な気がします。

責任が持てない

お小遣い案件のマルチ商法は脱法行為である場合が多く、いつの間にか法律が変わっていた時に、取り締まりの対象になりかねないとMr.Kさんは批判しています。

その会員が案件元の運営者ではない以上、責任が持てないです。となると、紹介相手に何かあった場合は責任が取れず、人間関係の問題に発展して信用を失いかねないです。リスクとリターンが釣り合わないです。先にも述べた様な、法的な問題を斡旋する側が負いきれないです。

それから、案件元になってブログ広告を貼って宣伝した方が自分の報酬が大きいと話します。ですが、そうした案件に乗っかる地点で、ちょっとしたおこぼれしか貰えず不利な立場にいる事になります。そうした境遇に立たされる位であれば、自分で調べてアフィリエイトの運営側をやっていた方が割に合うとMr.Kさんは言っています。

楽して稼ぐ精神を育ててしまう

人はどうしても楽をしようとする傾向にあります。だからこそ、社会の発展が実現すると同時に、カモが全世代に生まれてしまいます。ERA・Divineの場合は、情報弱者をあからさまに狙った詐欺です。

もし仮にお小遣い系マルチを勧めてしまうと、上の人の養分になって楽をしようとする精神を育てかねないとMr.Kさんは言います。他のマルチ商法などにも少なからず居ますよね。

今回の動画を取り上げてみて私は、人に価値を提供して自分らしく生きねばならないと改めて思いました。そうしないと、稼ぐ事が目的となってしまいかえって夢が叶わなくなるとMr.Kさんは懸念しています。そこで資本主義ではない違った部分に人間の本質や幸福があると言っています。ちなみに私は、「合理的に儲かれば良い」という資本主義には反対していますし、道徳と慣習を重んじた古典的自由主義の経済に回帰せねばならないという信条を持っています。ハイエクの言葉を借りれば、「法の支配」を重んじた経済です。

資本主義の解説は以下の記事を参照にして下さい。

大学時代に作成したシュンペーターの課題レポートを解説する4 マルチ商法と結び付けて(シュンペーターの意義と資本主義の解説) – 悪徳オンラインギャンブルビジネス・ERAとDivineを撲滅する為に糾弾し、啓発も行います (antinovaeradivine.com)

大学時代に作成したシュンペーターの課題レポートを解説する3 マルチ商法と結び付けて(資本主義・社会主義) – 悪徳オンラインギャンブルビジネス・ERAとDivineを撲滅する為に糾弾し、啓発も行います (antinovaeradivine.com)

ハイエクについては、こちらをご覧下さい。

Dr.ヒロさん風に『隷従への道』を述べます 「あなたが知らず知らずに奴隷になっていく過程」 – 悪徳オンラインギャンブルビジネス・ERAとDivineを撲滅する為に糾弾し、啓発も行います (antinovaeradivine.com)

以上で今回の記事を締め括ります。

何かありましたら、ご連絡下さい。

情報提供・協力要請(依頼)フォーム (formzu.net)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA