被害者を救います46 Mr.Kさんの動画を視聴しましょう24 メラルーカの勧誘動画から その2

令和4年(2022年)3月8日着手

以前、Mr.Kさんがメラルーカに勧誘された時の動画を私が話題にしましたね。こちらです。

被害者を救います44 Mr.Kさんの動画を視聴しましょう23 メラルーカの勧誘動画から その1 – 悪徳オンラインギャンブルビジネス・ERAとDivineを撲滅する為に糾弾し、啓発も行います (antinovaeradivine.com)

今回はその続きを取り上げたいと思います。なかなか続きを完成させられず申し訳ありません。

そのMr.Kという方は、最初にこの記事で取り上げています。

NO-VAの行政処分を風化させません1 Mr.Kさんの動画を視聴しましょう1 – 悪徳オンラインギャンブルビジネス・ERAとDivineを撲滅する為に糾弾し、啓発も行います (antinovaeradivine.com)

メラルーカ勧誘音声

勧誘者が違法行為を明かす(続き)

まず勧誘相手はMr.Kさんの求める事に対して、何も理解していないと思われました。

何故なら、廉価さなど自分達のビジネスの凄さばかりを前者は話してばかりで、後者の動画やその内容については何も語っていない為です。例えば法律順守・会員規約の面においてもしっかりしていて、その根拠として1か月の購入限度額の存在・商品の廉価さ等を小野は引き合いにしていました。彼女は自社の稼ぎやすさも度々強調しています。

更に彼女がモナヴィーに所属していた時のエピソードも話して、その負担が高価格だった故に借金が膨れ上がったリーダーについても引き合いにしていました。

そのビジネスに在籍していた当時の誇張話も仲間を稼がせられなかった事も、小野亜希子が自ら明かしています。玉井暁がいた頃です。奴については以下の記事で私も言及しています。

玉井暁(たまいあきら)の逮捕から エムフェイスの事例も – 悪徳オンラインギャンブルビジネス・ERAとDivineを撲滅する為に糾弾し、啓発も行います (antinovaeradivine.com)

一方のMr.Kさんは会社自体がしっかりしていても、どこか一部の派閥が法律違反・倫理規範に反したマネをしていたら、それは大問題であり会社どころか個人の信用も失いかねないと反論します。それでは下の会員を真っ当に稼がせた事にはならないと本人は言っています。そうした懸念が完全に無くなってやっと参入を考えると彼は述べています。他にも、他馬力で稼ぐ事には拘らず、ちょっとした贅沢さえ出来れば良いという考えだとMr.Kさんは話しています。このエピソードは、本人が前の動画で述べていました。私も取り上げています。

被害者を救います23 Mr.Kさんの動画を視聴しましょう7 マルチ商法などで打撃を受けても再起していく人を見る – 悪徳オンラインギャンブルビジネス・ERAとDivineを撲滅する為に糾弾し、啓発も行います (antinovaeradivine.com)

そうした事に加えて薬機法や特商法の改正とそれに伴うリスクから、収入の確実性をMr.Kさんは不安視しています。その事を踏まえると、時給の世界のアルバイトを勧めた方がマシだと彼は言います。

因みに、勧誘者が小野という女性である事は上記の動画を聴けば分かります。一方で、下の名前に関してまでは明らかにされていませんでした。しかし、日頃からサーチコンソールのお陰で彼女の下の名前が亜希子だと判明です。その機能を用いて、誰がどの検索ワードを用いて自分のブログがどのくらいの回数で表示され、どの位のアクセスが来たかを見る事が出来るようになっています。その中に「メラルーカ 小野亜希子」があり、この件からも有料コースのブログの機能はお得で便利とつくづく思いましたね。

このパートの最後には、小野自身が元ソニーの会社員で本人が辞めた後に同社のリストラが始まったと明かしています。彼女がセミナー等で何か話をする際にも、その件を引っ張ってきて大手企業勤務の人も副業について考えなばならない、確実性と商材の利便性ゆえにメラルーカが良いと述べている事でしょう。

メラルーカの製品の製品の安さについて

続いて、スーパーやドラッグストア等の製品と比べてコスパが良く質の高い事やアメリカでの評判を小野は解説しています。

それに対して、Mr.Kさんは大手企業の薄利多売に対抗する事への疑問を投げていました。その上で、上記のセミナー動画とその対話の動画をアップロードして自身のチャンネルの視聴者に訊くと本人は話します。

なお、彼は基本的にどんな勧誘セミナーについても録音をしていると最後の方で明かしています。

しかしながら、小野は過去の事例と会社の規約等を挙げて禁止していました。本人としては、個人間の口コミに過ぎないからこそ、多少の誇張までなら許されると油断していたのかもしれません。実際はMr.Kさん自身、メラルーカとは契約を交わしておらず、同社の規約を守る義理が無い為アップロードしています。

当方の見解

こうして聞いていると、何かしらの美容系・健康系の商品を扱うネットワークビジネスは典型的で本当に難しいと思わずにはいられません。

私もそうした会社の愛用者をやっていますが、客観的な事実が効果・効能を謳っていると思われかねない場合もあると改めて思いました。という事は、相手に対して何かしらの価値を伝えて提案する上では「あくまでも個人の感想です。皆が同じ実感を得られるとは限りません」等という注意・但し書きの様な文言も改めて必要だと思いました。

それらを踏まえると、本当に特商法の規制は厳しいものであり、勧誘の説明を聴いていても厳格にせざるを得ない思い知らされます。この法律については過去に述べました。

NO-VAの内情と仕組み 詐欺罪・特定商取引法編 返金方法付き – 悪徳オンラインギャンブルビジネス・ERAとDivineを撲滅する為に糾弾し、啓発も行います (antinovaeradivine.com)

マルチ商法自体、報酬体系から言って余程の者でなければ稼ぐ事は不可能な性質の形態であり、詐欺や偽物・買い込みも直ぐに横行します。言われていた通りの効果が得られなかった、稼げなかった等の不評もあっという間に広がって、消費者センターへの苦情も蓄積されます。

その為、余程の会社でなければ普及も存続も出来ない程にまで規制せざるを得ないと先人達が先ず思ったからこそ、現状の特商法があると考えさせられます。

矢張り歴史やその法則・それらに関わる先人達とその知恵を軽視してはいけないと言えます。

どうしてもMLMをやるのであれば、そうした事情を踏まえた覚悟で取り組まねばならないと思います。

以上で今回の記事を締め括ります。

何かありましたらご連絡下さい。

情報提供・協力要請(依頼)フォーム (formzu.net)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA