NO-VA(ノーヴァ、ノーバ)とは一体どんなビジネスなのか(NOVAアフィリエイトとは)

平成31年(2019年)2月27日作成

NO-VA(NOVAアフィリエイト)とは

NO-VAとは一体どんなビジネスか説明していきたいと思います。

NO-VAとは、オンラインカジノのASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)であり、その商材であるビクトリアゲーム及びBet1st.betの広告主集めのビジネスを行う会社です。建前上はそのゲーム広告を行うアフィリエイトで、NOVAアフィリエイトとも呼ばれます。アフィリエイトはインターネットにおいて商品の紹介とそれによる収益だけで完結します。しかしNO-VAは実際、それを広げる為の会員や勧誘相手から入会金を巻き上げるビジネスです。世の中によくある代理店ビジネスで、NO-VAの場合は商材が二つのオンラインカジノのサイトという訳です。その業者に高い入会金を払えば、オンラインカジノの広告主すなわち宣伝のオーナーになれます。その説明会ではdocomoの代理店ビジネスが引き合いに出されていました。連鎖販売取引のド定番ですね。

ここで商材を紹介しておきます。

f:id:yutaherrmizuno:20190515195026j:plain
これがビクトリアゲームのトップ画面です。
f:id:yutaherrmizuno:20190515195131j:plain
こちらがBet1st.betのページの一例です。私がバスケ観戦好きなため、この画像です(笑)

Victoria Games – Front (victoria-games.com)

https://bet1st.bet/home

Bet1st.betは現在、リンク切れです。

別の言い方もしましょう。既にご存知の方もいるとは思いますが、その形態はマルチ商法とも呼ばれ、会社が何か商材を抱えていてそれをそこの会員が宣伝するだけでなく、その宣伝を行う人やその商材の愛用者を口伝えで増やして派閥を形成していくという商売です。

その代表格としてアムウェイが引き合いに出されますね。その会員は自分でサプリを初めとする商品を買って愛用するだけでなく、それを他の誰かに伝えてその相手が商品の愛用者になって特定負担をしたり、その人が同じ様に勧誘をして会員を増やせば会社からの報酬という特定利益が発生します。その連鎖で会員の下に人が増えればその利益も大きくなります。NO-VAの場合はそれがオンラインカジノとその広告の権利に置き換わったものと認識しても良いです。

この様にして述べると、マルチ商法は人間関係において自分以外の人間をカネにさせかねない諸刃の剣であるとも言えますし、実質的に禁止法と言われるまでに特商法で厳しく規制されるのも納得です。そのような法律と言えば、銃刀法も挙げられます。拳銃も連鎖販売取引も余程の者でない限り扱いこなせないという意味では共通です。ただ、一般的な通念や会社の営利活動・商売を特商法のマルチ商法にしっかりと当てはめている感じもありますね。法律的な整備がなされていなかった頃はそれだけ社会的な脅威だった事も窺えます。

ここで話をNO-VAに戻します。勧誘を受けたり、その会員たちのLINE@(公式LINE)に登録された方には分かる方もいらっしゃると思います。NO-VAはIR法案でカジノの設営が決定しているから自分たちの事業には追い風が吹いている、故に今すぐにでも先手を打って参入すれば物凄く大きく儲けられると言います。大事な事なので又言いますが、代理店の費用で尚且つ入会費の名目で登録料金の約10万円強か約20万円強をボッタくる悪徳業者です。

なぜなら、ゲームを本気で広めようという意思が感じられず、入会費を払う人の勧誘ありきとなっているためです。

悪徳さの一例

別の人も掲示板でNO-VAの悪徳さを書き込んでいます。

f:id:yutaherrmizuno:20200827220435p:plain

NO-VAという詐欺ビジネスだけでなく、別の伝手や手段をも使って悪銭を得ている会員もいるわけですから、呆れてモノも言えなくなりそうです。

以下が、ビジネスとしてのNO-VAの宣伝例です。

f:id:yutaherrmizuno:20191010185342p:plain

セミナーを聴講していても、参入者がどうこうやらカジノ市場がどうこうと自分たちのビジネスの凄みは語るものの、肝心なゲームの広げ方なり他のゲームとの差別化が効くようにするための拡散の方法を教えません。

それでいて、各所で会員はゲームの広告の仕事と各会員達はさらりと言ってます。下のスクショは、出会い系アプリでの例です。

f:id:yutaherrmizuno:20200529224730j:plain
f:id:yutaherrmizuno:20200529224827j:plain

それから、以下のスクショをご覧ください。

f:id:yutaherrmizuno:20190515215231j:plain

水色のマーカーで印を付けたところをご覧ください。

ツイッターのアドレスが初期の無作為なままです。公式アカウントでこれはまずありえないですし、まともにゲームの広げ方を教えていない証拠ですよね(笑)

今振り返るとあんな会社の為によくも長く活動できたものだと思えてきます(笑)

ちなみにNO-VAはNexus Opportunity Value Ambitionの頭文字から取った物であり、NOVAとも表記されることもあります。こちらの公式サイトでも確認が取れます。

https://www.nova-top.com/static/ja/index.html

会社の表記が不統一で、しかも問い合わせが会員じゃないと出来ない地点で怪しさ満点なのは明々白々ですよね(笑)

そうです、会社名はどうでもよくて入会費さえ取れればいいと思っているのがこの会社です。NOVAといえば英会話教室を普通の人は連想しますし、社名の地点で本当に競合他社との差別化のできるを目指しているのか?と疑問になります。

検索サイトに引っかからない様にしている事を明かした書き込みもありますね。

f:id:yutaherrmizuno:20191010185037p:plain
f:id:yutaherrmizuno:20191012105311p:plain

以上でNO-VAとはどのようなビジネスなのか分かりましたね。それは商品の紹介だけで無く、それを実際に行う人に高額な入会金という特定負担を強いるだけの悪徳マルチの業者であると。

次回はNO-VAの会社の歴史についてお話していきます。

もうすでにご存じのネタも交えますが、読んでいただければ幸いです。

何かありましたら、以下のフォームにまでお願いします。

情報提供・協力要請(依頼)フォーム (formzu.net)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA