ERAの報酬体系について 感謝御礼も

令和3年(2021年)7月1日作成

ERAについて情報提供がありました。ありがとうございます。

先の行政処分を受けた二人について

この件は別の記事で述べた通りです。

100本目記念 遂にNO-VAに行政処分が下されました – 悪徳オンラインギャンブルビジネス・ERAとDivineを撲滅する為に糾弾し、啓発も行います (antinovaeradivine.com)

その提供によれば、笠井さんは行政処分が入る前に辞めているらしく、今後は個人で仕事をするらしいです。実際、令和3年(2021年)の春頃に全てのSNSのアカウントを閉鎖しています。

井上さんの方は、行政処分の終了後に何らかの形で関わる可能性が高いとの事でした。

ただ、笠井さんは黒幕の澤田にとっては重要な側近であり、入会金の決済にも関わっているそうです。よって私は笠井さんも井上さんと二人で何かしらの手ほどきを黒幕から受けてやっていくと見ています。散々AEアフィリエイトの時から活動していて、澤田の利益となる様動いていたわけですからね。他にも、元クラブイッツの上位会員が未だに澤田と関わっている噂も聞きます。笠井さんも井上さんも裏方で黒幕の指示で運営に携わるのでしょう。下手したらシンガポールに逃げる可能性もありです。彼らについては過去の記事を参照です。

黒幕の前歴まとめ – 悪徳オンラインギャンブルビジネス・ERAとDivineを撲滅する為に糾弾し、啓発も行います (antinovaeradivine.com)

NO-VAの内情と仕組み 人物紹介編 – 悪徳オンラインギャンブルビジネス・ERAとDivineを撲滅する為に糾弾し、啓発も行います (antinovaeradivine.com)

しかしながら一方で、こう思う事もあります。澤田聖二は自分さえ利益を上げられればそれで良い、笠井さんや井上さんの事は何とも思っていなくて単なる都合の良い駒としか思っていないのだろうか、と。何せ今までの商材は悉く黙殺して、カジノサイトやそのASPを作っては捨ててを繰り返したのですから。その歴史については以下をご覧ください。

NO-VA・ERA・Divineの歴史 FLMとの出会い – 悪徳オンラインギャンブルビジネス・ERAとDivineを撲滅する為に糾弾し、啓発も行います (antinovaeradivine.com)

ERAのアカウントのランク

アカウントは全部で4種類です。

・自分名義で3つのポジションを取るトリプル登録(約70万円)

・自分名義で1つのポジションを取るシングル登録(約25万円)

上の2種類はロイヤルプレミアと呼ばれます。

・自分名義で1つのポジションを取るプレミア登録(12万4千円)

・自分名義で1つのポジションを無料でとるノーマル登録

報酬体系

参考までにNO-VAの時の報酬体系については、こちらでおさらいしてください。

NO-VAの内情と仕組み 報酬体系編 – 悪徳オンラインギャンブルビジネス・ERAとDivineを撲滅する為に糾弾し、啓発も行います (antinovaeradivine.com)

ロイヤルプレミア・プレミアで一人も勧誘していない登録者は2段目まで収益が取れます。この際、自分を1段目と見なします。無料登録の人も同じです。

令和4年1月6日追記

紹介報酬・ゲーム代

トリプル登録で直の紹介者を出せば、入会金の10%が報酬となります。シングル登録の場合は5%です。会員が直接の勧誘をせずとも、自分下の人が紹介者を出せば2%の報酬が入ります。これは有料会員の全タイトル共通です。

ゲーム代は、下の人間がSportsLabで遊んで負けた額の2%が自分に入ります。自分で遊んだ場合、その割合は恐らく5%になるかと思われます。

ビギナー

プレミア・ロイヤルプレミアから昇格です。その条件は、2系列に各系列1人以上のプレミア又はロイヤルプレミアの会員を獲得です。1系列は上から降ってくる会員の紐づけでクリアできますが、もう1系列については自分で紹介者を出す必要があります。恐らく1つのアカウントを一人と見なし、トリプル登録をすれば一回の登録で二人を参入させたという扱いになると考えられます。間違っていたらごめんなさい。

NO-VAが3系列バランス良く新規会員を下に付けなくてはいけないのに対し、ERAでは2系列で人を付けて組織作りをする体系となっています。これはバイナリーと呼ばれ、ネットワークビジネスでは良く用いられる報酬体系です。

自分から数えて7段目までの人の報酬が得られます。

ロイヤルプレミアであれば、ビギナーから世界売り上げの一部をもらえます。具体的にはERAの世界売り上げの一部をビギナーのタイトルの保持者で山分けです。ただし、アクティブ条件と呼ばれる活動要件を毎月満たさなくてはなりません。これは以下のマイナー・メジャー・アンバサダーも同じです。これを満たさなければ、称号は降格となりますし、勧誘した際の報酬も出ません。

上記のERAのアクティブ条件とは、商材であるSportsLabで課金して自分か自分下の会員が遊ぶ事を意味します。それが下の会員に出来ないのであれば、その人たちが勧誘して参入者を出して入会金を払わせるしかありません。どの程度の額を遊んで動かすべきなのかまでは私は分かりません。NO-VAの時と同額かと思います。

ERAは一応、オンラインカジノのアフィリエイトです。故に、自分やその下の誰かが勝ってばかりいると自分に入ってくる報酬がゴリゴリと削られて減っていきます。

なお、ERAの場合は上の人から有能と認められれば、ビギナーの者も説明会の担当者となれるそうです。その代わり、アドバイザー報酬と呼ばれるボーナスの制度は無くなりました。

マイナー

2系列に各系列一人以上のビギナー以上のアカウントを育成。

単月でプレミア又はロイヤルプレミアの採用数が30人の実績。1系列最大15人までカウント。

マイナーのタイトルでもって、13段目までの収益が取れます。しかし、プレミア登録の場合はこのタイトルで終了です。

要するに1か月の間に、2系列バランス良く人が増えて1系列で15人・もう片方の系列で15人、合計で30人以上の採用があればビギナーからマイナーに昇格する事ができます。ここまでなら今までと同じように聞こえますが、2か月かけて昇格はできないようです。

メジャー

2系列に各系列一人以上のマイナー以上のアカウントを育成。

3か月連続でプレミア又はロイヤルプレミアの採用数が150人の実績。1系列最大75人までのカウント。私の推測が正しければ、3か月間で合計150人2系列でバランスよく参入があれば昇格できるのでしょう。

自分から数えて17段目までの収益が取れます。

マイナー以上に世界売り上げがもらえます。

アンバサダー

2系列に各系列1人以上のメジャー以上のアカウントを育成。

6か月連続でプレミア又はロイヤルプレミアの採用数300人の実績。1系列最大150人までのカウント。私の推測が正しければ、半年で合計300人2系列でバランスよく参入があれば昇格できるのでしょう。

自分から数えて20段目までの収益が取れます。

メジャー以上に世界売り上げがもらえます。これが最高タイトルです。

維持条件

タイトル(称号)

なお、NO-VAに続いてERAにもタイトルの維持条件があります。しかも3か月に1度です。

ビギナーの場合は、自分下の二つの系列に有料会員が存在している事です。要するに下の会員が辞めずにERAの活動をしていれば、ビギナーから降格することはありません。

マイナー・メジャー・アンバサダーの場合は、昇格後に3か月に1回は保有しているタイトルの昇格条件をクリアしなくてはならないそうです。

ここで気になったことがあります。メジャーからアンバサダーになるにあたっては半年かかるにも拘らず、3か月に1回のランクアップ条件を満たさなくてはならない事です。

という事は、アンバサダーは自分下にメジャーが2系列に一人ずつ存在すれば、降格しません。

これはマイナーやメジャーのタイトルにも言えるでしょう。維持条件と関わるタイトルの人が各系列に一人居れば良いのです。

こうして見ると、NO-VAの時と比べてタイトルの維持条件が緩和されたと思います。極端な話、末端のタイトルなしの会員がERAの為に活動してさえしていれば問題ないためです。

移行者

NO-VAからERAに移行した人についても教えて下さりました。

1アカウント100ユーロで移籍し、ERAで稼ぐ報酬から支払われます。

更に、令和3年(2021年)8月度の集計までに100ユーロ×3アカウント分の報酬を獲得できなければ、トリプル登録の人はアカウントが抹消されます。有料会員から無料会員に降格となるそうです。要するに以降の手数料のようなお金が発生していると言えます。AE→FLM及びFLM→NO-VAに移動する時にはありませんでした。

これをあっさりと達成する為には、誰か一人をシングル登録で約70万円支払わせる必要があります。

どういう事か詳しく述べます。

ERAのアフィリエイト報酬は10%です。故に、トリプル登録で誰かに入会金を支払わせれば70万円×10%(0.1)=7万円となります。そこから先の移行の料金が差し引かれるという事になります。

ロイヤルプレミアのシングル登録の場合は、25万円×10%(0.1)=2万5千円となり二人の新規会員に支払いをさせなければアカウントの維持はできません。更にその半額のプレミア登録では、その倍の4人にその決済をさせる事になります。

こうして分析をすると、稼ぎやすくなった様で更なる搾取が繰り広げられているとしか言い様が無いです。NO-VAから移行した人の内、信者ではない者や気に食わない者を悉く切り捨てて、その行政処分や悪行を無かった事の様にする上層部の狡さが伺えます。

更に酷い事に、NO-VAからERAに移行を済ませたにも拘らず、既存の有料会員を無料会員に降格させられたという事例も聞きました。

前から言ってる通り、ERAもその前身も人をカネとしか見ない下劣な集団としか言えないです。

このような組織に関わってしまった人は、早急に縁を切りましょう。そうしなければ、搾取と不幸の連鎖が続きます。

追伸

このブログのアクセス数が令和3年(2021年)6/30でもって111,111件となりました。

それよりも1週間前の6月24日には1日のアクセス数が過去最高となっています。それだけNO-VAへの行政処分が大きな事であり、それだけ私のブログが役立っているという印ですし、見てくださってる多くの方々には感謝しております。

今後ともよろしくお願いします。

以上で今回の記事を締め括ります。

何かありましたら、相談フォームにまでお願いします。

情報提供・協力要請(依頼)フォーム (formzu.net)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA