糾弾の勇士を取り上げます11 Royさんの動画を視聴しましょう4 法の支配に反するマネはあり得ない事を心に刻む

令和3年(2021年)10月19日作成

令和3年10月10日、約1か月ぶりにRoyさんがERAを直接糾弾する動画を作成していました。

こちらです。

動画紹介

この方を私が初めて取り上げた記事はこちらです。

糾弾の勇士を取り上げます6 Royさんの動画を視聴しましょう – 悪徳オンラインギャンブルビジネス・ERAとDivineを撲滅する為に糾弾し、啓発も行います (antinovaeradivine.com)

さて、上記の動画の内容について述べます。

ERAを糾弾して被害者を助けているだけで、Royさんが警察沙汰になるとはまさか思いませんでした。この件については、本人がTwitterにおいて以前に明かしていましたが、具体的にはどのようなものなのかは私も分かりません。恐らく、Royさんが現役会員の所に直接行ったもしくは電話をして直接咎めたてをしたのでしょう。その件でERAの人達が言いがかりをつけて、警察に通報したのかもしれません。

新宿109さんがNO-VAに突撃した時も、その会員達が警察を呼びました。その時の動画は私も以前にネタにしています。

NO-VA糾弾の勇士を取り上げます1 警察の捜査が入りました – 悪徳オンラインギャンブルビジネス・ERAとDivineを撲滅する為に糾弾し、啓発も行います (antinovaeradivine.com)

NO-VA糾弾の勇士を取り上げます3 大きめのセミナー・一軒家の説明会に突撃しました – 悪徳オンラインギャンブルビジネス・ERAとDivineを撲滅する為に糾弾し、啓発も行います (antinovaeradivine.com)

それから続く内容について述べます。

法律違反

RoyさんはERAが特商法に違反していて、まともに稼げていないにも拘わらず人をだましてお金を取っていると話していました。

先の行政処分の様に法律違反の証言・証拠は沢山あります。しかし、名目上は海外に拠点があって黒幕がシンガポール在住である事もあって、処分は出来ても検挙は出来ないと警察に言われたそうです。詐欺罪の場合は、立証・摘発が難しいと私は聞いていますし、動画でも述べられていました。詐欺罪は殺人罪おける凶器の様な物的証拠が明確には残らない為です。

これらの犯罪や法律・行政処分については以前に言及しました。

NO-VAの内情と仕組み 詐欺罪・特定商取引法編 返金方法付き – 悪徳オンラインギャンブルビジネス・ERAとDivineを撲滅する為に糾弾し、啓発も行います (antinovaeradivine.com)

100本目記念 遂にNO-VAに行政処分が下されました – 悪徳オンラインギャンブルビジネス・ERAとDivineを撲滅する為に糾弾し、啓発も行います (antinovaeradivine.com)

不道徳ゆえの批判

その次に、倫理道徳の面からERA批判を行っていました。

殺人は倫理的にあり得ないし、それは法律に違反しています。ですが、法律的にそれが完全に合法となったからと言って、それが許されるのはあり得ないです。「悪法も法なり」があってはならない事の例です。

法律的に裁かれる若しくは訴えられる事がなければ何をやっても許されると思っていては、単なる痛い人として見られるだけですし、周りから軽蔑されます。

だからこそ、ERAとDivineを非難し辞めていく人たちは増加し、必然的に規模も小さくなっています。

ハイエクの言葉を借りれば、「法の支配」の観念が欠如しているという事です。

この哲学者については以前にも取り上げました。そちらも参照にして下さい。

『隷従への道』を読んだらNO-VAもレイジュウへの道まっしぐらだった件 – 悪徳オンラインギャンブルビジネス・ERAとDivineを撲滅する為に糾弾し、啓発も行います (antinovaeradivine.com)

Dr.ヒロさん風に『隷従への道』を述べます 「あなたが知らず知らずに奴隷になっていく過程」 – 悪徳オンラインギャンブルビジネス・ERAとDivineを撲滅する為に糾弾し、啓発も行います (antinovaeradivine.com)

この概念は、法律の様に成文化されて公式化されている決まり事とは違います。

「法の支配」とは、文章にはなっていなくて、法的に規定されていないものの、道徳や文化・慣習として当然と見なされ、従うべきであるとされている規則(ルール)を指します。先に挙げた殺人の否定もそうですし、挨拶などの当たり前の礼儀もそれに該当します。

もし仮に法の支配が無ければ、風紀が乱れるのは当然の事ですね。

相撲も例にとって話しましょうか。もし仮に相撲における法の支配が蔑ろにされたら、白鵬さんの様な無作法の問題が次々と起きてしまいます。帰化をして皇室に敬意を払える一人の日本人としては私は尊重します。ですが、相撲をしている時の彼を見ているとどこか荒っぽく格闘技と神事を混同していると見受けられます。それ故に、相撲における白鵬さんの行儀の悪さが問題となり、協会からも注意を受けていると言えるでしょう。

そうです、法の支配は社会秩序と大きく関わる事です。ですが、ハイエクと言った伝統や道徳・慣習を重んじる思想家については学校ではあまり教えられません。大学に入って特定の授業を受けるなり、自分から保守主義の思想を学ぶなりしなければ、その様な思想家に触れることはそうそう無いです。

そういった思想については以前にも取り上げました。

NO-VA被害者を救います9 『道は開ける』その7 健全かつ宗教的な視野を持つ – 悪徳オンラインギャンブルビジネス・ERAとDivineを撲滅する為に糾弾し、啓発も行います (antinovaeradivine.com)

それから、労働基準法の様な立法に関しても、こうした法の支配に則ってなされるべきであり、実際にはそれに反した法律も少なからず存在するものの、それに適合する様に制定された法律もあります。前者の例は消費税法であり、後者の例はあの特定商取引法です。

特定商取引法が法の支配にどう適うかは後の記事にて述べていきたいと思います。

法の支配を重んじた社会生活を送らねばなりません。

以上で今回の記事を締め括ります。

何かありましたら、ご連絡下さい。

情報提供・協力要請(依頼)フォーム (formzu.net)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA