お問合せはこちらへ

情報弱者系YouTuberのMr.Kって何者? まとめました

2024年2月20日

令和4年(2022年)10月13日着手

近年ではマルチ商法や詐欺の暴露・突撃が相次ぎ、それをネタにするYouTubeチャンネルが数多く登場しています。

当ブログでは、最初にこの記事で紹介しています。

糾弾の勇士を取り上げます1 警察の捜査が入りました | 悪徳オンラインギャンブルビジネス・ERAとDivineを撲滅する為に糾弾し、啓発も行います (antinovaeradivine.com)

そうした種類のインフルエンサーのまとめ企画も作成しました。

詐欺撲滅系のYouTuberが弁護士を付けました 彼らは何者?自分で調べました | 悪徳オンラインギャンブルビジネス・ERAとDivineを撲滅する為に糾弾し、啓発も行います (antinovaeradivine.com)

他の有名YouTuberと比べ再生回数こそ決して多くは無いですが、私が度々取り上げて注目してきた方もいます。

それがMr.Kさんです。この方は、最初に以下の記事で取り上げました。

NO-VAの行政処分を風化させません1 NO-VA停止の分析の動画を視聴しましょう | 悪徳オンラインギャンブルビジネス・ERAとDivineを撲滅する為に糾弾し、啓発も行います (antinovaeradivine.com)

彼のYouTubeチャンネルも登録者数を伸ばし、それなりに情報も多く出てきた為、今回はそのまとめをしたいと思います。

情報弱者系YouTuberのMr.Kって何者?

令和4年の10月、アムウェイの行政処分の件でバズっていました。

その影響もあり、彼のYouTube動画のアムウェイものが再生回数1万回を突破しています。これが最も再生回数の多い動画です。

https://youtu.be/xH4jhU0clj4

ここで、Mr.Kは何者なのか知りたい方も多くいるかと思います。

今までは就職を経ずに元マルチ商法のトップセールスを経験、月収90万円に達した事もありタワーマンション住まいも過去にしていました。

彼が参加経験のあるネットワークビジネスは、株式会社LINK・ヒストリア・アムウェイなどです。本気で取り組んだのはLINK(・ヒストリア)だけで、他は付き合い程度でした。

しかし令和3年(2021年)4月辺りにその業界を離れ、当時の経験を活かしてYouTubeでマルチ商法や詐欺などの各種ビジネスについて語るYouTubeチャンネルを開設しています。

その名称は度々変更があり、「Mr.Kの情弱チャンネル」という名前で落ち着いています。

その由来は、「自らを情報弱者と認める事こそ、情報弱者からの脱却の始まり」という思想にあります。そうする事で慢心にならずに学ぶ姿勢を持ち、騙されない様に知恵を付ける模範となる姿勢が窺えます。

Mr.Kのプロフィール・学生時代・家系関係

Mr.Kさんは平成元年(1989年)生まれで神奈川県の横浜市の郊外出身、家族構成は父・母・妹です。両親は公務員で理系の高校教師、妹も公務員です。

以下の動画でそのプロフィールは言っていました。現在では非公開の動画も出典としています。以下の項目でも、この動画を元にして記事を作成します。

他にも彼の祖父が元特攻隊員だったものの、飛行機の爆撃で出陣が出来ずに生き延びています。戦後には神奈川県の通信インフラの整備で、大きな役割を果たしていたそうです。その上Mr.Kさんが生まれた頃に、彼の御祖父さんはタバコを止めています。

一族の方はお堅い職業の人でもある為、友人関係もそれなりに良好ではと思われた方もいるかと思います。

しかし、本人は友達が居ないと言っています。マルチ商法で勧誘を続けて一定の組織を作れた以上、対人関係もてっきり良いものとばかり思っていました。

しかも学生時代はいじめに遭っていて、小学校の時には彫刻刀で手のひらを切られて死にかけた経験もしています。

以下の動画で語っていました。

https://youtu.be/CtuOLINlaBk

そうした環境にあっても、中学・高校時代には運動部に所属していましたし、交際相手もできました。中1・中3の時の合唱コンクールでは、ピアノ伴奏も担当して優勝に貢献しています。しかも作曲コンテストでの最優秀賞も経験、書道も2段だったと言っています。学力に関しても、中学時代までは偏差値60程度と良い方でした。高校もそれに見合った所に進学しています。

ご両親が公務員で、教師をやっていた影響もあるのかもしれません。堅実に勉強をしなくてはという雰囲気や方針があったと思われます。

その学力にまつわるエピソードは、以下の動画においても話されています。

https://youtu.be/uZIOPTlbhtg

しかし、高校に入ってからは学力が落ちました。しかも、高校一年の6月にはクラスメイトの一人が数画の先生に対して、なぜ学ばなきゃいけないのか?世の中で役に立つのか?等と言って怒ったそうです。

その先生は、感情のまま怒って退出を要求しただけでした。それを見てMr.Kさんは学校の勉強の目的に対し、明確な答えを先生でさえ出せていない光景を目の当たりにした結果、学ぶ意欲が無くなったと言っています。その結果、偏差値が落ちて学力では底辺に位置します。

部活動は某運動部で、中学時代の野球部から転向しています。にも拘らず、他の学校の強豪チームに勝ちます。それが切っ掛けで教える側の立場・心理に関して関心を抱きます。どの様にすれば部活動のパフォーマンスを安定させられるのか、その際に指導者は如何なる心理でやっているのか興味を持っていました。

その影響もあり高校3年生の受験勉強をしていた頃には、指導関係の読書に勤しみます。それと並行して、受験勉強を効率良く行う為の方法論・心理学についても学んでいました。受験科目に必要な内容の勉強は大してなかったのかよ、と私は心の中で思いました。しかも当時はテレビで法律系の番組が流行して、弁護士が稼げそうだと判断した為、法学部を志望です。人の事は言えないですが、このような短絡的な思考法ではマルチ商法にハマりかねないタイプだと感じましたね。私は高3時に間違った方法を取ったとはいえども、受験科目の内容は勉強はしていました。国語でも何でも、受験勉強用のテキストを解いて基礎力を養い、入試に必要な知識・問題を解く際のノリを学んでいたのを覚えています。

それに対してMr.Kさんは、2月に大学の過去問を解き始めても答え合わせはしない、野球関係の掲示板で試験直前でも書き込みをしていました。そこまで怠惰な生活をしていたとは驚きでしたし、「下には下がいる」という本人の表現通りです(笑)これでは偏差値60の高校の生徒といえども、国学院などは不合格となります。

とは言え何処にも受からなかった訳ではなく、日本大学文理学部の体育学科に進学します。受験勉強中でも体を動かせて実技試験が楽しそうだと本人は思った為、平成20年(2008年)1月その学部にします。偏差値60の高校に通えば、基礎学力は違ってくると思いましたね。ただ体育学科に進学した意味で、運動部出身かつ家庭背景にも合致した本人らしい選択だとは思いました。ただ本人は、登校初日で公務員・教員志望の学科だと知りましたが。安易な考えで選択をしているように見えて、結果的に現在の本人の理想には近づけている為、それはそれで正解です。

大学時代も怠惰な所はあり、浪人が多数いる教員を目指せば社会人になるのを遅らせる事が可能、とMr.Kさんは思うようになります。それから非常勤講師は教員の非正規雇用(バイト)という立場である事を知り、時間に自由な生活も送れて世間体も保てると憧れます。その一方、授業中でもコソコソとポケモンで遊んでいました。よって、大学生ですべき努力はせず将来の就職については余り考えていませんでした。にも拘らず、バイト先では「好きな時に好きな事ができそう」という事で、将来の夢は社長と答えました。その頃から何か自分で事業を持つなどして自分の力で稼ぐ、という考えを持っていたと彼は振り返っています。

そうした思考を持っていたものの、体育の教員免許は取得しました。教育実習にも参加し、部活の指導もあって楽しかったと同時に1週間に7時間しか眠れていないほど大変だったと言っています。それは今までの教員指導に必要なレポートなどの積み重ねをしておらず、寝る間も惜しんでその勉強をせねばならなかった為です。他の学生であれば、普通に授業で学んで書き方を習得していました。それに対し、Mr.Kさんは授業中ポケモンのゲームで遊んでばかりだった事も仇となります。その経験から教員の厳しさを感じ、その職業に就く自信を無くします。教員採用試験の対策も一夜漬けしかしない程で、もちろん不合格でした。就活・就職もしていません。その会場内には、当時30歳程度の人もいて合格の難しさを感じます。それ故に、皆が思い浮かべるような常勤の教職員は諦めます。しかも卒論は10日で仕上げるも、訳ありで履修漏れ扱いとなりました。卒業の危機に陥りましたが、温情で卒業しました。

逃げてばかりの学生生活を送った為、「下には下がいる」と自己評価を下したのも納得です。

大学卒業後 マルチ参入

卒業後はしばらくの間、トレーニングジムでのバイトをしていました。

体育会系の学科に所属していた彼らしいですね。

月収11万でしたが頑張れば、アルバイト→契約社員→正社員と昇格する事もあり得ました。

その頃に上記の祖父が亡くなります。

しかしながら、卒業一年目にマッチングアプリでの勧誘を機にネットワークビジネスの世界に入ります。

Mr.Kさんは当初、冷やかしで相手の女性の勧誘に乗っかりました。MixiというSNSを用いて出会いも探していた頃です。

しかし女が同伴していた男性の話を聞く内に、Mr.Kさんはプレゼンしていた男を信用してマルチ商法の業者に魅了されて参入です。場所はカフェでした。それがWILL(ウィル)というマルチ商法です。

本人としては、権利収入を得つつも高校時代の部活の指導者をやって労働収入を得るという思いがありました。

出典は、以下の動画からです。後の項目でも、これも元にして作成します。

https://youtu.be/NPgBQ0EsbN8

注意:株式会社WILL 行政処分と検索すると、以下のページが出ます。

ネットワークビジネス【ウィル】の闇と業務停止命令の実態! (kasipika.com)

Mr.Kさんの在籍していたウィルは、上記のページのIT系の株式会社WILLとは別物です。

マルチ時代と経歴

Mr.Kさんの経歴の出典は、初期の動画の概要欄からです。後の項目でも、この動画を出典として様々な事を述べます。

https://youtu.be/V18sv8hXg4c

時は平成24年(2012年)9月、美容系MLMのウィルへ参入します。その後にも付き合いで他のマルチにも参加しましたが、この業者に一番力を入れていました。

Mr.Kさんは都内を中心に活動、当時は化粧品とアロマを扱っていました。飲食店などの店舗も置いていました。同社は、平成27年(2015年)に行政処分を受けています。その後も度々名称を変えては処分を受けを繰り返し、現在も細々と存続しています。自分で調べたところ、WILL→IMSジャパン→株式会社RS→株式会社LINKと業者名を変更していました。本人も簡略ながらまとめています。

その初期費用は税込みで30万円で、消費者金融で借金を自分でしたり他人にさせる事もありました。その傾向はずっと変わらず、同社では不実告知などの特定商取引法の違反をして勧誘をしています。現在では、月会費制で主に福利厚生のサービスを提供しています。以下の動画で本人が話していました。

https://youtu.be/ZqSY2frL8z4

https://youtu.be/KET5pQO3lZY

在籍中、自分で収入を得る為には月に5000円の商品購入もしなければならなかったとMr.Kさんは言っています。傘下の人の収益を獲得するには、一か月の間に自分で商材を一定額購入(課金)せねばならない決まりですね。

しかしながらフリーターで戻る場所が特にない為、マルチにしか居場所を見いだせず成功する場が無いと思っていたとMr.Kさんは振り返っています。

これらは、マルチ商法あるあるです。

平成25年(2013年)1月、MLMの月収5万で脱サラしますが、当然資金難になりました。

ジムでのバイトを辞め、丸々1日をマルチに打ち込もうとしようにも遊ぶ時間が増えただけで前より怠惰になったと話していました。その動画は、以下の記事で取り上げています。

関わってはいけないマルチ商法会員を知って下さい | 悪徳オンラインギャンブルビジネス・ERAとDivineを撲滅する為に糾弾し、啓発も行います (antinovaeradivine.com)

この頃かどうかは不明ですが、改札口のお札を盗んで警察沙汰になった事もあったとの事です。

そもそも、ウィル自体が規模もさほど大きくなく会員は赤字ばかりだったそうです。

更に追い打ちをかけるかの様に同年9月に不動産投資の詐欺に遭い、借金が300万円を抱えました。共同出資で会社の利益の10%を貰えるという話で、契約書も無しで行いました。マッチングアプリで「日給5万円」の名目に釣られ、複数の消費者金融からキャッシュカードごと詐欺師に渡しています。その後一回だけ30万円を貰いましたが、それから音沙汰はありません。

証拠類が無いなどの理由から告訴はせず、結局その借金は自力で全額返済しています。自己破産もしていません。

同年11月、東北に進出します。

同時に1番大きなセミナーのスピーカーを担当していました。

その頃には、借金持ちだった事もあってボロいホテルにも宿泊していたとの事です。当時を振り返ったツイートも参考に載せます。

同年12月、当時のグループ内で最高タイトルを取得します。

平成26年(2014年)、 年間トップセールスを獲得しました。

平成27~28年(2015〜2016年)、Mr.Kさんの指導した部下が2年間トップセールスを獲得します。

一方でMr.Kさん自身は、MLMでの自分の目的と使命感が見つからずに悩み続けていました。

自身の所属するマルチが平成27年(2015年)行政処分を受け、IMSへと会社名を変えた頃です。

社名を変えて同様の手口で活動していれば、嫌悪感を抱いて悩むのも自然であると言えます。

その背景には、ウィルで干されていた佐藤彰芳の派閥があります。それは問題を多々起こしていて、行政処分逃れでソーシャル・アット・ライフ(SAL)という名義でやっていました。彼らが本格的に介入してIMSという業者として再始動します。

その頃には化粧品・アロマや店舗経営の色合いが薄れ、割引サービスなど情報商材や福利厚生サービスの色合いが強くなります。一方で会員達も、商材はそっちのけで「合理的に儲かれば良い」という傾向があったそうです。

平成29年(2017年)、上半期トップセールスを獲得します。

以下の動画でも話すように、月収が100万円くらいになるほど稼げる事はありました。ですが、その額は不安定で高収入になった翌月、一気に下がった事もあったそうです。

再度MLMに力を入れるも、自身の商材を作る事を決意します。

平成30年(2018年)、東北のグループの支援のため移住しました。

翌年(2019年)以降、MLMの第一線は離れます。

その一方で、「在り方」に特化したセミナーを毎月開催していました。

マルチ商法以外でどのようにすれば傘下の人達を喜ばせられるか考えるようになり、MLMにおける教育的な意義に自分の使命を見つけています。

その一つとして、ヒストリア(現EPA)の情報商材の購入・販売も行っていたと考えられます。間違っていたら、ごめんなさい。

そのヒストリアについては、次の動画で主に話していました。

https://youtu.be/5COGC41Fzbg

https://youtu.be/NbkTGI153oI

その時にも、ブックメーカーと商材の利用もあって月収100万を達成しています。

ですが販売相手を稼がせられなかった事やヒストリア側との方針の違いが原因で、Mr.Kさんは同社から離れます。

他にも自分の部下を稼がせようとする為に、自分で色々な案件に取り組みます。

その際、信用していた人を全面的に頼ってしまいました。

その一つに高級な腕時計の転売がありました。Mr.Kさんはロレックスを600万円分クレカで購入、その実物を詐欺師に渡しました。

半年くらいは本人にも収益があったそうですが、これまた出なくなります。

その関係者は、コロナを理由に倒産したと言い訳していたそうです。

結局、600万円の借金は返しきれずに現在も返済中です。

令和2年(2020年)には、自身の所属するIMSジャパンが行政処分を受けます。消費者庁の公式表明も参照にして下さい。

特定商取引法違反事業者【株式会社アイエムエスジャパンほか1事業者】に対する行政処分について (caa.go.jp)

それ以前に、行政処分逃れで同社は組織ごとRSに移行しています。消費者庁も注意喚起をしていました。

株式会社RSが行う福利厚生サービスを掲載する会員専用サイトを利用させる役務の取引に関する注意喚起 | 消費者庁 (caa.go.jp)

勧誘で用いられる飲食店「サザンハウス」についても、ネットで非難されています。

https://youtu.be/WLa0PXQseqw

令和3年(2021年)4月、YouTubeチャンネルスタートしました。

YouTuberデビューとその後

令和3年(2021年)4月、YouTuberとしてデビューします。次の動画が記念すべき1本目です。

https://www.youtube.com/watch?v=MXIWWH7CZ5I

開設初期は、対談系の動画が中心でした。その為か、今後も様々な方と動画出演しています。その当初は、MLMの経験者で上の立場にいた事を前面に出していました。チャンネル名に「MLM研究所」が付いていたほどです。

ですが、開設から数か月後に元々在籍したマルチ商法を追放される形で辞めてます。傘下の人達の満足度が低かった上に、倫理的にも道徳的にも問題がある活動にMr.Kさんが異議を会社に唱え、対立した結果です。

その年には、RSがLINKという業者名に変わっていました。消費者庁による警告の影響です。その頃に、お小遣い案件も扱うようになったと話しています。その動画は現在は非公開ですが、私はその紹介を別記事で行っています。こちらです。

お小遣い案件のマルチ商法も非推奨です | 悪徳オンラインギャンブルビジネス・ERAとDivineを撲滅する為に糾弾し、啓発も行います (antinovaeradivine.com)

その後NO-VAの行政処分ネタを皮切りに、Mr.Kさんは様々なビジネスから言える教訓・提案・実態について、本人の体験談を交えて語るようになります。

以下の動画からですね。

https://www.youtube.com/watch?v=Xww_SRWZA-A&t=8s

それだけでなく、本人は自身の再起の過程を見せて被害者などに希望を与える表明もしています。

マルチ商法などで打撃を受けても再起する人を見て下さい | 悪徳オンラインギャンブルビジネス・ERAとDivineを撲滅する為に糾弾し、啓発も行います (antinovaeradivine.com)

YouTuberをやる傍ら、彼は個人事業主としてテレビ番組の制作に携わって企業の集客の補助もしていました。

他にも、日雇いバイトで飲食店やビラ配りなどの仕事もこなしています。

そうした中で令和4年(2022年)の上半期には、高校時代から携わる競技の指導者の仕事を任されるようになります。

本人の意向で具体的な種目は明かせませんが、高校生と同じ運動をしながら部活動で指導しています。その仕事を通して、これまでの経験が活かされているとMr.Kさんは実感しています。

ただ経歴が経歴なだけに、世間的な評価が悪いため正規雇用の職を求めて就職活動もしていました。学校の生徒に指導を施す上では、真っ当な職歴も必要と判断したのでしょう。高校時代の私も、大した経歴の無い教師から何も教わりたくはないと判断していたでしょう。

みねしま社長との対談時、つまり令和4年(2022年)8月にもどこかの会社員をしていたと本人は話していましたが、後に辞めたと思われます。

それから間もない同年の秋には、AbemaPrimeに40分程出演もしています。「自己啓発セミナー」が若者をダメにしているという事で、元講師のMr.Kさんに白羽の矢が立ったという形です。 これを機に、新しく見た人が検索しやすくなる様に「Mr.Kの情弱チャンネル」とチャンネル名を変更します。

出典は、本人のチャンネルの「コミュニティ」という項目からです。

Mr.Kの情弱チャンネル – YouTube]

それに付随して、動画も出していました。実際の出演を視聴できなかった方は、こちらを参照にして下さい。

https://youtu.be/wI8VDgwSM1g

同年(2022年)の秋、別の会社に就職できました。以下のツイートで報告しています。

今は正社員として普通に勤務していると思いきや・・・。

現在

Mr.Kさん本人が近況を語っていました。

https://www.youtube.com/watch?v=gupo1kwUD5Y

簡単な経緯は、ツイッターにも載せてます。

結局、数か月で離職してしまいました。それは就職先が「訪問買取」の会社だった為です。その商法自体が「押し買い」と呼ばれ、これはこれで悪徳性があると本人が調べて知りました。訪問販売の押し売りとは逆に、人様の家に訪問をして高額なものを買ってもらい査定をしてお金を相手に渡す手法です。

相手側には金銭的な損はさせないとはいえ、お年寄り相手に安く高級品を買って別の所で高く売るというやり口に嫌気がさしたとMr.Kさんは言っています。これでは情報弱者を狙い目にして、マルチ商法の違法勧誘を行っているのと同じだと察したのではないでしょうか。

そこで彼は数か月で退職して、再び就活を始めます。その間にも、営業職の提案がありました。マルチ商法だったとはいえ、トップセールスとしての手腕が評価されたのでしょう。その件を明かさずとも立ち居・振る舞い・話術といった長所が採用側からも評価されていたと言えます。しかしながら、相手を言いくるめて自分(たち)さえ合理的に儲かれば良いという傾向にも嫌気がさしていた上、就職経験なしで不採用という事も重なって就職を断念します。

その後、FP(ファイナンシャルプランナー)3級など金融関係の資格を取る為の勉強に取り組むと表明です。そこから何か事業などを起こし、販売なり学生への教育なり出来ればとMr.Kさんは語ります。

以前お父様から指摘された様に、「人に喜ばれる事を成し遂げて収入を得る」という思いをマルチ時代から抱き続けています。

これはこれで良い事ですし、本人としても何か資格を持っていた方が今後事業を行う上では有利だと言っています。実際、何かしらの経営をしていく上では金融・経済関係の知識や見識が無ければ破綻します。

そうした事態に陥らない為にも、資格取得でもってキャリアップを図るのは本当に素晴らしいですし立派な模範です。

元々、個人事業主をやっていて飲食店での単発バイトや部活の指導者をこなしていた以上、無理に就職せずとも稼いでいけるのでは?と個人的には思っていました。

今までの経験を糧に、一層の飛躍を願って止まないです。

令和5年(2023年)6月29日追記

https://youtu.be/UT3TAcJOCH0

令和5年(2023年)5月ごろに一般企業に就職して、事務をしています。

しかもマルチ商法を中心とした自身のYouTubeチャンネルを継続していた事が面接で認められ、内定を貰えています。自身の継続性だけでなく、マルチ商法時代などのコミュニケーション能力・高校での指導歴といった経験が活かされ、現在に繋がっているとも言えましょうか。34歳にして、長続きする正規雇用に就けて何よりです。

まとめ

・Mr.Kさんは、神奈川県横浜市出身

・家庭環境の影響もあり、体育教師の教員免許を保有

・学生時代は友人がおらず、高校・大学の頃は怠惰だった

・一度も就職せずに、マルチ商法の世界に参入

・大きな派閥も形成し、トップセールスや地方への出向も経験

・マルチ時代には情報商材など、様々な案件に取り組む

・その中で損失も出し、大きな詐欺に2回も遭う

・2日目の詐欺での借金は残っていて、現在も返済中

・令和3年(2021年)にYouTuberデビューし、様々なビジネスに触れては対談なども行う

・合理的に儲かること以上に、社会に役立てる事を重視した所得を理想としている

・自身の経験を生かして、部活の指導者など様々な仕事を経験

・就活と就職を経て、事務職に就くも経歴がネックだった。

・今後は金融系の資格取得を目指し、新たな挑戦をする予定

長々と述べてきましたが伸びしろには期待が出来る為、沢山盛り込みました。今後の進展にも注目して下さい。

補遺

令和6年(2024年)2月20日現在、Mr.Kさんは自身のYouTubeチャンネルを諸事情により閉鎖中です。いつしか再開されることを願っています。

その代わりMr.Kとネットで調べると、株取引のMr.Kというインフルエンサーが出てきます。そのYouTubeチャンネルとSNSはこちらです。

【予言的中】ロシア-ウクライナ戦争の1ヶ月前に、原油と金と穀物の急騰を予測したカンタンな方法。情報源は◯◯◯◯ニュースのみ (youtube.com)

株式投資家 Mr.K(@clear_trade) • Instagram写真と動画

しかしながら、当ブログのMr.Kさんとは無関係です。

私の知るMr.Kさんは、元マルチのリーダーで世の為人の為となる事(実体経済)を重視した古典的自由主義の稼ぎを重視した方です。

それに対して、投資家のMr.Kはお金を投じて(投機、実質賭博)自分(たち)さえ合理的に儲かれば良いという資本主義の魂胆でやっています。

更に私は前者の主義信条を指示している為、後者には関わりたいとも思っていません。

しかも、後者は自身が投資助言業の資格を持っているとは言っていません。

その為、いつしか処罰を受ける可能性も考えられます。

投資系のインフルエンサーにも要注意です。

以上で今回の記事を締め括ります。

当ブログでは主にAEからERA・Divine(True Thor)に至るまでの被害者の為に情報発信を行い、被害相談・情報提供も受け付けております。

あのギャンブルビジネスの詐欺に巻き込まれた方も、それ以外の悪徳業者で嫌な目に遭った方も是非、公式LINEでメッセージを送って下さい。

このブログをご覧になっている人の中には、現状に不満を持っている方もいらっしゃるかと思います。

例えば現在の勤務先の給料に不満があれば、職場を変えてそれを解決することが可能です。その為の転職・退職の相談も受け付けております。

ダブルワークで+αの収入を得たい方であれば、その人向けに高額バイトの案内もできます。

他にも登録者のニーズに合わせて、ご提案を致します。

何かありましたら、ご連絡下さい。

友だち追加