お問合せはこちらへ

うる星やつらで注意喚起の動画を作ったら?台本書きました

2023年1月20日

令和4年(2022年)11月21日着手

色々なYouTuberや行政が、マルチ商法などの勧誘の注意喚起をしていますね。

以下がその例です。

NO-VAに警察の捜査が入りました 糾弾の勇士の紹介 | 悪徳オンラインギャンブルビジネス・ERAとDivineを撲滅する為に糾弾し、啓発も行います (antinovaeradivine.com)

行政の例は、以下の記事で挙げてます。

大学時代の課題レポート解説5 マルチ商法と結び付けて | 悪徳オンラインギャンブルビジネス・ERAとDivineを撲滅する為に糾弾し、啓発も行います (antinovaeradivine.com)

行政は東京リベンジャーズと提携していました。

今回の私はその例に倣って、台本(戯曲)を作りたいと思います。

題材の漫画はうる星やつらで、駅前における勧誘をネタにします。

その手の勧誘については、新宿109のKENZOさんが実地で注意していました。

単なる文章での注意喚起だけではつまらないという人が、楽しんでいただければ幸いです。

うる星やつらの本編は昭和の設定ですが、番外でのコラボや現在のOPでは現代仕様の映像が流れます。

以下の通りです。

今回の台本(戯曲)も、現在の事情に合わせて作成します。

うる星やつらの関係者の皆様へ

この台本(戯曲)は、実際に警察庁などと連携する際に採用なさってかまいません。諸事情に合わせて、多少の改変は可能とします。「ああ成る程」と思って下されば幸いだと思っています。「これはダメ」と思われたら、ごめんなさい。

本編開始

舞台はJR新宿駅東口の周辺。諸星あたる(以下、あたると表記)はラムと一緒。ラムは中の腕を取っている。

あたる「へへ、来たぞー。」

ラム「来たっちゃね。映画でも見に行くっちゃ。」

女性二人組(以下、二人組と表記)「すみませーん。私たちは今、エステサロンのモニター募集を行ってまーす。」(主に視線と顔をラムへ向ける)

ラム「え?うちに言ってるのけ?」

二人組「そうでーす!」

あたる「お姉さん!LINEは?Instagramは?」

ラム「ダーリン!浮気は許さないっちゃよ!」(あたるに電撃)

あたる「ぎゃああああああ!」

(あたるは痺れて地面に倒れる。)

(面堂終太郎は彼の祖父と一緒に歩いたが、ラムの電撃に気づく。)

面堂終太郎(以下、終太郎と表記)「あれはもしや?」

面堂の祖父「どうした?終太郎?」

(終太郎はラムに駆け寄る)

終太郎「ラムさーん!ここで何をしてるんですか?」

ラム「うちがエステサロンのモニター募集に誘われてたら、ダーリンがこいつらに浮気したんだっちゃ!」

終太郎「呆れた・・・。いつもの諸星ではないか。」

(二人組は終太郎に見惚れる)

終太郎「あなたたちは、ここでエステサロンのモニター募集をしているんですよね?」

二人組「はい、そうですね。」(顔を赤らめて言う)

終太郎「では、名刺は頂けませんか?それと、場所はどちらでしょうか?」

二人組「名刺は今持っていないんです。場所は案内しますね。」

終太郎「その前に、会社名を教えて頂けませんでしょうか?」

二人組「ええと・・・」

面堂の祖父「終太郎、ここを離れるぞ。」

終太郎「え、まだ・・・。」

面堂の祖父「とにかく、離れるぞ。」

終太郎「ラムさんも一緒に行きましょう。」

ラム「了解だっちゃ。ダーリンも行くっちゃよ。」

(ラムはあたるの服を掴んで持ち上げる)

(離れてからしばらくして、あたるの痺れが取れる)

あたる「おい面堂、何でお前のおじいちゃんと一緒にいるんだ?」

ラム「そうだっちゃ。何しているのけ?」

終太郎「おじいさまと三越で買い物をして、それから新宿のラウンジでくつろいでいたんですよ。」

あたる「へっ!結局お前の金持ち自慢かよ。聞きたくないわい。」

終太郎「諸星、そんなんだからお前は不運なんだよ、霊獣が。金持ちは金持ちで大変なんだぞ。どっかの大きな国からの筋の怪しい話だって回ってくるんだからな。」

あたる「お前こそ閉所恐怖症の暗所恐怖症だろうが!」

面堂の祖父「ところでお前たち、先の女たちに何か変わった所は気付かなかったか?」

終太郎「強いて言えば、会社名をちゃんと聞けなかったですし、何故か答えるのをためらってましたね・・・。」

面堂の祖父「だろう。そこの終太郎のクラスメートに聞こう。何の誘いだったのか?」

ラム「エステサロンのモニター募集って言われたっちゃよ。どこがおかしいのけ?」

面堂の祖父「あのな、駅前で勝手な客引きをするのはな鉄道営業法に違反しているんじゃ。」

あたる「え、駅前でお姉さんがティッシュ配りしるの見た事あるけど、それはどうなんだろ?」

面堂の祖父「それはな、事前に駅側から許可を取っているからじゃ。」

終太郎「道理で会社名をはっきりと明かそうとしなかったのですね・・・。」

ラム「じゃあ、もしあのモニター募集っていうお誘いに乗ったらウチはエステを受けられないのけ?」

面堂の祖父「そりゃあ、受けられるかもしれんが、後で変なマルチ商法とか宗教とか変な勧誘をされるじゃろうな。」

あたる「でも、お姉さんがいっぱい居るエステサロンだったらな・・・うししし」

ラム「ダーリン、怪しいっちゃよ。でもエステとは全然関係のない事に誘導されたら、ウチはびっくりするっちゃ。でも、マルチ商法なんて全然知らないっちゃね。ウチの星ではそんなの無いっちゃよ。」

終太郎「ラムさんの星には、マルチ商法が無いんですね。羨ましいですよ。あんなのは、社会の最底辺が入る極悪な組織社会ですよ。以後はそういった勧誘にはお気を付け下さい。特に諸星、貴様に忠告するぞ。おかしなマルチは絶対にやるなよ。宗教にも入るなよ。諸星がそんなのをやったら、世の女性たちがどうなるか気が気でない」

あたる「何だと!?あのお姉さんを狙ってた癖に!」

終太郎「あれは面堂家の御曹司として正当な振る舞いをしたまでだ!」

ラム「でも、何であんな女の人たちが変な業者と関わっているのけ?」

面堂の祖父「あの女たち根は善良なんじゃ。だが、自分の金(かね)だったり時間だったりの不満に付け込まれて、ああして勧誘しておる。お前さんはマルチ商法は知らぬと言っていたな。あれはな、次々と勧誘して下に組織を作れば作るほど、自分の収入が得られるというものだ。自分が何もしなくても得られるカネ、つまり不労所得を餌にしておる。」

ラム「でも、そんな事を言ったら終太郎のお家と変わらないっちゃよ。どこが問題なのけ?」

終太郎「ラムさん、あれは迷惑で強引な勧誘が問題になるんです。」

面堂の祖父「その通りだ。」

あたる「さっきのお姉さんたちは、強引に勧誘しているようには見えなかったぞ。良い人そうじゃん。」

終太郎「諸星、相変わらずアホだな。例えば、私がホームパーティをやると言ってしのぶさんやラムさんを誘ったとしましょう。そうしたら何を期待しますか?」

ラム「何かごちそうを期待するっちゃ。」

終太郎「でしょう。しかし、世の中にはそうして何気ないお誘いをして、急にマルチ商法の話を持ち掛ける場合が多いんです。どう思いますか?」

ラム「そんな事されたらビックリするっちゃ。ずるいっちゃよ。」

終太郎「でしょう。しかも人目のないのを良い事に、相手側は契約や支払いを強要します。お金が無いなら、消費者金融とかでお金を借りさせるんですよ。」

ラム「それは酷いっちゃね。」

終太郎「だからこそ、マルチ商法では勧誘にあたって多くの規制がなされているんです。さっき言った例え話で言うと、マルチ商法だと事前に言わずに勧誘したら、もちろん違法です。」

(面倒の祖父がSPを使ってタンスの中に終太郎を閉じ込める)

終太郎「ふえーん!暗いよー!怖いよー!」

ラム「終太郎をそうやって追い詰めて勧誘したら迷惑じゃないのけ?」

面堂の祖父「その通り。迷惑勧誘や誇張も違法じゃ」

(SPが終太郎を出す)

あたる「ハハハハハ。面堂もヤバくないか?閉所恐怖症の暗所恐怖症が。」

終太郎「馬鹿にするな!あんな事されて契約させる奴がいたら、訴訟だ!」

あたる「でもよ、下に組織が伸びたら何か社長みたいになれるじゃん。そうしたら、うへへへへ」

(ハーレムを想像する)

ラム「ダーリン、何を想像しているのけ?」(怪しそうにあたるの顔を覗き込む)

終太郎「あのな諸星、マルチってのは稼げる奴はごく僅かなんだぞ。」

あたる「何でだ?」

面堂の祖父「終太郎の言う通りじゃ。入る前には、いかにも自分の所は凄くて稼げると向こうは言ってくる。じゃが、フタい奴が大半で収入の為に借金を抱えてまで製品の買い込みをさせられるという事例も多発しているのじゃ。」

ラム「それって組織の上の人たちだけが合理的に儲かってるだけっちゃよ。そんなのやっちゃダメっちゃよ。ダーリン」

終太郎「それと諸星、貴様の下には断じて付かんし、貴様を面堂財閥が雇う事も無いからな!」

あたる「誰がお前の所に就職するもんか!」

私服の婦警「すみません、駅前で二人組の女性が何か勧誘していませんでした?私、こういう者です。」(声優は日高のり子か西村ちなみ)

(新宿警察署の身分証を出す)

終太郎「はい、そうです。いつの間にいなくなりましたね。」

諸星「お姉さん、LINEは?Instagramは?」

(面堂の祖父と終太郎はため息、ラムは嫉妬してあたるに怒った目つきをする)

私服の婦警「この変態野郎!」

(あたるの顔をグーで殴る。あたるは地面に叩きつけられる)

本編終了

後書きとギミック紹介

うる星やつらの各人物の性格を頭にコピーしつつも、マルチ商法について語らせたらどうなるか少々苦労しました。着手から時間が掛かったのは、この為です。

終太郎の母親を登場させることも考えましたが、彼女が大の機械嫌いである事を鑑みて彼の祖父にしました。

個人的には面堂家が大金持ちであり、その背景にはそれに相応しい金融リテラシー等が身に付いている事をなるべく反映させるのに力を入れています。他にもラムが賢い異星人であり、あたるが成績の悪いアホである事も如実に示せるようにしています。その為同じ女好きでも、経済感覚がなっていて理性的にはなれる面堂と女好きを全然隠さない諸星の対比にも力を入れました。それに伴い、法律知識も前者にはあると踏んでいます。特商法については、以下の記事で述べました。

NO-VAの内情と仕組み 詐欺罪・特定商取引法編 返金方法付き | 悪徳オンラインギャンブルビジネス・ERAとDivineを撲滅する為に糾弾し、啓発も行います (antinovaeradivine.com)

それだけでなく、各所にギミックも散りばめています。うる星やつらでは、その手のパロディが多く私もそれに倣って他作品や出演声優のネタも取り入れています。実際、その類のパロディを指摘する掲示板のページも存在します。

うる星やつら伝言板 [うる星に出てくるパロディ集] (uruseiyatsura.jp)

そもそもの台本自体が新宿109の駅前突撃のパロディなのは、前書きでの動画紹介にもある通りです。

終太郎は、あたるを「霊獣」呼ばわりしていましたね。これはハイエクの『隷従への道』を意識しています。その内容がマルチ商法にも通じているのは、以前にも述べた通りです。

NO-VAはレイジュウへの道まっしぐらです | 悪徳オンラインギャンブルビジネス・ERAとDivineを撲滅する為に糾弾し、啓発も行います (antinovaeradivine.com)

因みに終太郎の言う「どっかの大きな国」とは、現在のラム役の人が大好きな国です。今は世界情勢の関係で、彼女自身は前面に出せていませんが。そっちの反社とか、彼女がどう思っているのか知りたいものです(笑)

そうした勢力について載っている本は、以下に紹介します。私は図書館側のリサイクルのお陰で、無料で入手しました。

他にも、『うる星やつら』のアニメを意識したギャグシーンも当然入れています。ラムの電撃はもちろんですが、閉所恐怖症の暗所恐怖症の終太郎の半べそも入れたのは、その為です。

こうして見ると、面堂家の描写に力を入れていると思われた方もいるでしょう。個人的には、終太郎がそもそも「面倒な事を終わらせる」人物として考案された側面にも着目して作成しました。結果的にラムたちがトラブルに巻き込まれずに終えている為、原案通りと言えば原案通りです。

最後に私服の婦警の声優は、日高のり子か西村ちなみに指定してました。前者は『らんま1/2』の天道あかね、後者はポケットモンスターのジュンサーの役を務めています。アニメのポケモンでは、女好きのトレーナーのタケシが登場しています。これは今考えると、諸星あたるのパロディなのかなと思っています。それも考慮して、西村ちなみも可能としました。オーディションなどの関係で、全く別の声優になる可能性もありますが。

当方としては、サブカルチャーの形で社会問題について考える一助になればと願っています。様々な漫画などがコラボして認知度を高める切っ掛けが増えて欲しいと考えています。

以上で今回の記事を締め括ります。

当ブログでは主にAEからERA・Divine(True Thor)に至るまでの被害者の為に情報発信を行い、被害相談・情報提供も受け付けております。

あのギャンブルビジネスの詐欺に巻き込まれた方も、それ以外の悪徳業者で嫌な目に遭った方も是非、公式LINEでメッセージを送って下さい。

このブログをご覧になっている人の中には、現状に不満を持っている方もいらっしゃるかと思います。

例えば現在の勤務先の給料に不満があれば、職場を変えてそれを解決することが可能です。その為の転職・退職の相談も受け付けております。

ダブルワークで+αの収入を得たい方であれば、その人向けに高額バイトの案内もできます。

他にも登録者のニーズに合わせて、ご提案を致します。

何かありましたら、ご連絡下さい。

友だち追加